副業 グラレコ デザイン思考 マインドフルネス 幸せ 幸福 共感 コンパッション

Hack Your Happiness(幸せハック)〜一度きりの人生にヨロコビを(YOLO)〜

デザイン思考で「幸せ」をひたすら想像し妄想し創造するハッカソンなブログ

過剰適応って何? ーーそんな会社で働く自分のこころの葛藤

こんにちは。

 

年末はなにかと忙しく、また間が空いてしまいました。

相変わらず、朝は未だに軽い動悸とざわつき、震えがあり、体調が落ち着くまで、いつも時間がかかります。

ソラナックス抗不安薬)をのんで、しばらく薬が効いてきて、やっと普通に動けるようになるかんじなので、週末も含めて毎朝スロースターター。

平日は9時頃出勤で若干遅刻しながらも、まあなんとか普通に会社に通勤している毎日を送っています。

 

ところで、先日のことですが、体調を再び少し崩したこともあって、久しぶりに産業カウンセラーの方に相談事に行くことがありました。

 

その際、私自身の相談事はスムーズにすすみ、自分の今後の働き方や考え方、新しいチャレンジが大丈夫なのか?まできちんと話せたのですが、会社の産業カウンセラーの方のさらっと言った一言が妙に心に残ることに。。

「この会社は"過剰適応"な人が多い会社だから、あなたのように仕事以外に興味を持ったりするのは、こころにはいいことですよ」との見解。

 

「何ですか?その過剰適応って?」

私はその言葉を初めてきいた用語だったので、一瞬「えっ?」と思ったのですが、すぐに気づきました。この言葉は、読んで字のごとく、仕事に過剰に合わせようとするあまり、心身をすり減らしてしまうような精神疾患なんだそうです。(って言うか、そもそも精神疾患なのでしょうかね〜?)

https://www.google.co.jp/amp/healthy-living.jp/1134/amp

 

適応障害」という、

ある上司との人間関係がどうしても合わないとか、職場環境や仕事のスキルがどうしても他の人について行けず、段々と会社に行けなくなってしまう、という病気は知ってましたが、これは正に正反対。

考えてみたら、何かに洗脳されていくような団体にいる人もある意味、みんなこんな状態なんじゃないんですか?って思いました。

それに、日本人で頑張ろうとしているサラリーマンって、こんな人が結構いませんか?

 

考えてみたら、たしかに私の会社は、社員が創業社長の信念がすごく強くあって、

社内で出世したいと思っている人ほど、会社の考えや社長の考え方、社長の態度をやたらと気にする傾向にある気がします。(いわゆるワンマン企業ですね)

かくいう自分自身も、時々、「自分も洗脳されてるなぁ」なんて感じてしまうこともあります。

 

会社なんて、極端なことを言ったら、社訓や理念(お客様への価値とは何か?)を社員に徹底的に洗脳させて売り込むような集団なんじゃないんですかねぇ?

 

別に自分の会社を批判するつもりも否定する気はありませんが、

自分の働いている会社はその最たる方。

なので、社長の一言一句に右往左往しているのを客観的に見たら、これって普通じゃないんだろうなと。

 

「過剰適応」という言葉をその産業カウンセラーから聞いた時、そのことにふと気づきました。

そこで思ったこと。

「会社で出世するために、身も心もすり減らして自己犠牲にしてまでやることって、本当に凄いことなのだろうか?」と。

 

仕事に対して使命感を持って一生懸命に頑張って働くこと、

仕事を通して自己実現したいと願って毎日努力すること、

会社や組織に勤めて、夢を実現したいと願いながら精進すること、

そういう働き方は私はとっても素晴らしいと思います。

 

しかしながら、

大企業というブランドや名誉が欲しいがために会社にしがみつくために働くこと、

金銭欲や出世欲のために上司や社長に合わせようとしていることのために働くこと、

世間体、体裁、ステータス、肩書き、見映え、に妙にこだわって生きること

こんな働き方は、私は正直嫌いです。

 

でも、私は(個人事業主になれておらず)大企業の組織にしがみついて働くサラリーマンである以上、

唯一の評価軸は「出世=昇給=成功」でしかありません。

 

気がついたら、

「バカ正直に理想だけ追求してるだけじゃ、きっと出世なんてできないんだろうな。。。」

なんて考える、なんとも恥ずかしい自分がそこにはいました。

(かといって独立する勇気もなく弱い自分です)

 

そういうことを長い間考えてきた結果、どんどん自分の葛藤が抑えきれなくなっている。

 

私の身体表現性障害の闇の根っこは、

「過剰適応」の社員が非常に多い会社で、矛盾を抱えながら働き続け、

自分自身がとうとう適応できなくなったんだろうと思います。

 

ただ、今の会社のやってることは決して間違っているとは思わないし、会社の理念やビジョンは共感できます。

だから、やめるのもおかしい。

 

いろいろと悩み悩んだ挙句に決めたこと。

「ちょっと変じゃない」と思われるくらいに、最近思い切って考え方を変えることにしました。

 

どうせ働くなら、

自分本位に純粋に自分が理想とする働き方で働いて成果を出せるようにチャレンジしようと。

 

出世が目的じゃない。

上司に変な媚びを売ることもしない。

自分らしく自分のやりたいことを会社を利用してやってやる、くらいの気持ちで。

 

その代わり、やるからには会社や上司には使われない。

一発ホームランを狙うくらいの気持ちと具体的な実行計画で。

やるからにはやる。必ずやる。情熱をもって最後まであきらめずやる。

 

自分の理想に向かって挑戦するか、

それとも、

会社に「過剰適応」して不本意な人生を送るか?

 

40代半ばの私にとっては、サラリーマンとしては自分なりにはラストチャンスかと。

 

果たして上手くいくかわからないですが、最近新しいことに挑戦することを決意しました。

全ては自分の「身体表現性障害」を乗り越えるために。。。

 

まあ、やらずに後悔するならやって後悔したほうがいい。

 

薩摩の教え
一、何かに挑戦し、成功した者
二、何かに挑戦し、失敗した者
三、自ら挑戦しなかったが、挑戦した人の手助けをした者
四、何もしなかった者
五、何もせず 批判だけしている者

 

これからが勝負。詳しくは追々に。。

というわけで、決意を固めたところで今日はこの辺で。

 

久しぶりに熱くなり過ぎました.....

 

人生一度きり

you only live once...