Hack Your Happiness(幸せハッカソン)〜一度きりの人生にヨロコビを〜

デザイン思考で「幸せ」をひたすら想像し妄想し創造するブログ

「右脳で楽しく」こころに開放感を!

今の世の中、こころの健康管理はとっても大事。

 

現役の病人の私(身体表現性障害)が言うのもなんですが、仕事中はパソコン漬け、食事や休憩中は暇さえあればスマホいじくりまくり、SNS三昧。

f:id:YOLO-co-bi:20180414075945j:image

 

一日中、自分の脳みそコンピュータのCPUは常時フル回転なわけです。しかも文字を読んだりメール書いたり、資料を作成したり、と、大抵の人は左脳[言語(コミュニケーション)、計算、論理/分析]に偏った毎日を過ごしていませんか?

 

【左脳と右脳、どう違う?】

左脳って、論理的に物事を考えたり公式を使って計算したり、枠にはめて考えるようなイメージがする。何だか詰め将棋みたいな、一つの答えを出す世界のような、そして最後はこころがどんどん詰まるような気がしてしまう。

 

それにひきかえ右脳は、写真とか映像、色彩、イメージや音楽など、創造的で自由な世界観がある。左脳で計算する時のように答えに正解というのはなくて、全てが「個性」として正解に認められる。それにクリエーティブな世界は何だか無限大の広がりを感じる。

 

これが職業なら別なのでしょうが、少なくとも日常生活なら、楽しく右脳を使ってる時の方が、自由で開放感があって快適(ストレスフリー)な感じがしませんか?

 

現代は左脳に偏りすぎて毎日を過ごしてこころが行き詰ってしまいがちだからこそ、もっと右脳を使って自由で楽しく想像を膨らませて、脳のバランスをとることが必要だと思うんですよね。

 

【楽しく右脳を使ってみよう】

「じゃあどんなことしたらいいの?」ということですが、キーワードは「こども心」

(以前のブログにも書いているので、興味があればご覧下さい)

 

小学校の頃の図画工作とか音楽とかの創作活動が、まさに右脳で楽しくなるんじゃないかと。

 

小学生の頃やったようなレベルだったら誰でもできるし、昔と比べたら少しは上手く作れる。

 

例えばこんなのとか。

f:id:YOLO-co-bi:20180412000440j:image

左は娘の作品、右は私が創ってみた折り紙パンダ。

私のパンダは、ちょっと失敗作ですけどご愛嬌で。

 

別に上手くいかなくたっていいんです。

大事なのは、創った作品の完成度よりも、創る過程でどれだけ楽しく想像を膨らませられたか?、こころに開放感が生まれて、どれだけストレスフリーになれたか?です。

 

私がいつも書いているお絵描き(ビジュアル・ファシリテーション)だって、私にとっては右脳で楽しくイメージをビジュアル化する活動の一部。

 

そして、私の次なる企みはこれ。

f:id:YOLO-co-bi:20180412002141j:image

ダイソーで買ってきた折り紙を使って、「何か楽しいものを作ろうかなぁ〜」、と現在構想中です。

 

あと、以前ブログでも紹介しましたが、2月に描いた中国の春節の記念作品はこれ。

f:id:YOLO-co-bi:20180412002914j:image

 

とまあ、こんな感じで、「右脳を使って自由に楽しく考えること」って、何だかこころが楽しくなるような気がしませんか?

 

誰でも気軽にできるので、是非脳トレならぬ、"脳楽"をしてみて下さいね。

 

脳が疲れるストレス社会には、是非右脳を使って楽しく自由な創作活動を!

 

You Only Live Once.