副業 グラレコ デザイン思考 マインドフルネス 幸せ 幸福 共感 コンパッション

Hack Your Happiness(幸せハック)〜一度きりの人生にヨロコビを(YOLO)〜

デザイン思考で「幸せ」をひたすら想像し妄想し創造するハッカソンなブログ

低気圧 ・・・天気が悪いと朝に頭が重くなるのはどうして?

f:id:YOLO-co-bi:20180424231124j:image

 

雨が降ったり天気が不安定ですね。

低気圧の影響で頭痛がする、頭が重いなど、身体の不調を訴えること、ありませんか?

「低気圧だと体調がわるくなる」とはよく言われますが、

確かに私も天気が悪い日は、頭が重いことがやはり多いですね。。

 

特にこんな日。

・風が強い日、気温が10度以上変わるような日

(気圧が急激に変わってる証拠ですね)

・曇って太陽が見えない日、雨が降ってジメジメしてる日

あと低気圧といえば、私の場合は、

・飛行機に乗った翌日

も体調を崩しがち。(これも気圧の変化が大きいからなんでしょうね、きっと。)

 

一番の原因は、やはり自律神経のバランスが崩れるためです。

自律神経には、交感神経(起きている時)と副交感神経(眠っている時)がありますが、

朝起きる時は、まさに副交感神経→交感神経への切り替わりのタイミング。

わかりやすくいうと、朝の「OFF→ONへのスイッチ」

 

でも、

低気圧の時だと・・脳に圧力が「ギュッ」とかかるような感じで頭が潰されるようになる

曇った日だと・・・太陽の光で脳から出てくる「幸せホルモン(セロトニン)」が足りず

                                 頭の「やる気スイッチオン」を助けてくれない。。

と、こんな訳で、頭が重くて起きれない訳です。

 

あと、自律神経以外でも、意外な原因としてあるのが「耳(三半規管)」。

例えば、うちの嫁は三半規管がもともと弱いせいか、

車酔いしやかったり、たまに朝頭が重そう。どうやら「気象病」なるものもあるそうです。

あと低血圧の人も、同じように、朝頭が重い感じなのですかね。

 

とにかく、頭が重くて起きれない、、、という症状は、

ストレスで自律神経が乱れてしまった人のみならず、いろいろな原因でなる訳です。

 

ちなみに私も、前述の通り、ストレスもなくて体調は回復傾向にもかかわらず、

天気が悪い日は低気圧の影響で未だに頭が重くなりがち、体調を崩すことだってあります。

(私の「身体表現性障害」は、自律神経失調症と言われたりもするくらいですから)

 

精神疾患(こころの病い)で苦しんでいる方にとって、

「朝起きれないこと」は、すごくネガテイブにさせてしまいがち。

 

でも、こればかりは残念ながら「仕方ない」、と開き直ってそう思うしかないんです。

 

だって、こころの病気は、ある意味「脳の病気」。

「脳」を「パソコン」に例えるとわかりやすい。

一度パソコンでたくさんソフトを立ち上げたり、強制終了したり、

乱暴に扱ってしまったりし続けてたら、そりゃ壊れますよね。

そんな状態だったら、時々うまく起動しなくなる時だってあるでしょう?

 

 そこまで深刻に悩まず、「仕方ない」くらい思ったら楽になれますよ。

 

私も昔は悩んだ時期がありましたが、

会社の先輩達からよく「仕方ないよ」って言われてから、そう思うようになれました。

 

最後に、せっかく朝に頭が重い方へ、一つだけ対処法を伝授します。

(効果があるのを祈りつつ)

それは、耳を刺激すること。

 

これは、私がライフキネティック®︎資格コーチとして使っている一つで、

脳トレ運動で自律神経を刺激しながら整えるメニュー。(一応医学的な根拠ある方法です)

 

以下の(1)~(3)のマッサージを、痛くない程度の力で、やさしくやってみてください。

(1)左右の耳を、両手で上下横にゆっくりと引っ張る(ゆっくりと5回ずつ)

(2)耳の横の部分をつまみ、軽く引っ張りながら円を描くように後ろに向かって5回ゆっくり回す

(3)耳の縁を親指と人差し指で覆い、下から上に、上から下に、ゆっくりと5回ずつ撫でる

 

ちなみに、回数は大変なら、5回じゃなくても3回くらいでもいいです。

どうですか?少しは効いたらいいですね。

 

というわけで、明日は天気で、頭も爽やかな朝を迎えられるといいですね〜

 

You Only Live Once.....