Hack Your Happiness(幸せハッカソン)〜一度きりの人生にヨロコビを〜

デザイン思考で「幸せ」をひたすら想像し妄想し創造するブログ

ひとりで頑張りすぎる人ほどこころが病む

f:id:YOLO-co-bi:20180430002122j:image

「ひとりで頑張りすぎる人ほど、こころが病む」

という事実。最近身の回りで、こんな不幸な人を見かけます。

 

もちろん、毎日一生懸命生きるのは良いこと。

家族や周りの人達のため、仕事への責任感や使命感、 思いやりをもって頑張っているのは素晴らしいし、こういう人は現場の縁の下の力持ち存在だったりする。

 

でも、気づいてほしい。

ひとりで頑張りすぎている人に限って、

仕事を抱えすぎて、ずっと楽にはなれない

結構は「不幸」にしかならないということを。

 

せっかく一生懸命仕事を頑張っているはずなのに、

「何で自分だけこんなに忙しいの?」と

過度にストレスを感じたり、体を壊したり。

ひどいと「こころの病い」で会社に来れなる。。

 

そんなあなたは、実は残念ながら

会社や上司、他人に使われてしまってんです。。

 

【使われているだけの不幸なハードワーク】

f:id:YOLO-co-bi:20180430002158j:image

 

私がこれに気づいたきっかけは

1「働き方改革」で残業禁止の時代の流れ

2 メールやSMSで仕事は際限なく続く世の中

3振り返ると自分自身がそうだった

 

一歩引いて俯瞰的に考えると、

実はそういう社会の図式が見えてきます。

 

1) 会社

→毎日のハードワークも、所詮は会社のオペレーションを回しているだけの会社の歯車(作業員)でしかない

2)上司

→何でもやってくれる部下は頼りになる

→使える人材に仕事は集まってくる

(仕事の評価(給料)にどれだけ繋がってますか?)

3)同僚

→嫌な仕事を処理してくれる人は助かる

→自分の残業は減らせて便利に使える

  (その仕事には本当にやる価値はありますか?)

 

以前の私も、これに気づいていなかった。

「みんなの為に」「会社の為に」と考えて頑張っていた。でも、気がついたらこころの病いに。。

 

あなたも、実はそんなことはありませんか?

 

そういう自覚がある人、ちょっと立ち止まって。自分を見つめなおして下さい。

実は「自分は使われているんじゃないか?」と。

 

【「私にしかできない仕事」と勘違いしないで】

f:id:YOLO-co-bi:20180430002209j:image

 

もう一つ勘違いしないようにすべきは、

「これは私にしかできない」と勘違いして、自ら仕事を抱えこんでいる人。

 

本人としては

・「自分にしかできない価値」だと思っている

・自分の仕事の居場所(ポジション)を確保したい

・会社に認められていたい

 

あなたが事業主ならまだしも、

はっきり言うと、そんなあなたの仕事は、価値はあったとしても、所詮会社の事業を回すだけの歯車。

 

いつまでも「プレイヤー」としてひとりで仕事を抱えて、部下の育成に疎かにしていたら、所詮その人の仕事の付加価値は所詮それまでです。

 

会社が大きくなればなるほど評価される人間は、

実は自分の分身を育てられる人材。

自分しかできないと思い込んで、「プレイヤー」を続けている人は、実は価値が上がらないんです。

 

そういう人に限って、「アシスタントが欲しい」なんて主張しますが、残念ながら仕事を渡せない人には部下をつける上司はいません。

 

挙げ句の果てには、

自分が疲れてしまい笑顔が消えて

こころの余裕がなくなってしまう

ついついストレスで不満をもらしてしまう

最後には

こころの病気になる結末が見えてしまいます。

 

【考え方を変えて、もっと「人に頼るべき」】

f:id:YOLO-co-bi:20180430002711j:image

ひとりで何でも頑張りすぎて疲れているあなた。

 

あなたの中では、すごく一生懸命であなたの働きぶりを認めてくれているかもしれません。

でも、残業禁止で時間が限られているこのご時世、

考え方を変えて、もっと人に頼っていくべきです。

 

いつまでも「プレイヤー」でいないで、部下を育てて、周りの人をどんどん活用することが大切。

 

一体何のために人生を送っているのか?

もっと自分の時間を大切にして、本当の意味での

ワークライフバランス」を考えるべきです。

 

せっかく何かの使命感や責任感で働いているのに、

「幸せ」を感じない働き方をしていたらもったいない。

 

人は、みんなに支えられていきているんです。

 

やるべきことは

・"いい意味で"、周りに頼って仕事する

・若い人を信頼して自分の仕事を託す

・部下を認めて部下の強みを育てる

 

そうすると、周りの人が自分を助けてくれるようになり、周りに支えられていることに感謝して生きるようにこころが変化していきます。

 

日本人は真面目だから、忙しく働いているとついつい安心してしまいますが、こういう間違った考え方をしていると、何もいいことはありません。

 

働き方改革」を問われる今。

仕事の効率化、残業時間を減らす、ストレスを減らしてマインドフルな毎日を送るためにも、あなた自身の「働き方」も、一度是非見直して、ワークライフバランスを考えてみましょう。

f:id:YOLO-co-bi:20180430002225j:image

 

You Only Live Once.....