副業 グラレコ デザイン思考 マインドフルネス 幸せ 幸福 共感 コンパッション

Hack Your Happiness(幸せハック)〜一度きりの人生にヨロコビを(YOLO)〜

デザイン思考で「幸せ」をひたすら想像し妄想し創造するハッカソンなブログ

自律神経が喜ぶ3分間の首・肩甲骨エクササイズで

f:id:YOLO-co-bi:20180510085004j:image

最近、晴れたり雨降ったり。

気圧変化があまりに大きすぎて、朝から、頭は重いわ、頭痛はするわ、やる気はでないわ、まさに「自律神経が完全に乱れてる」状態でつらい。。。

そんなことありませんか?

 

今回は、自律神経失調症で最近ツラい私が、テレビ番組やマインドフルネスから学んで、実際に自ら実践している「YOLOCOBI流 3分間の首・肩甲骨エクササイズ」を、皆さんにも分かり伝授したいと思います。

カラダを動かして、自律神経を元気に喜ばせてみましょう。

 

【自律神経の乱れとは? 〜まずはおさらい〜 】

自律神経とは、血流や内臓などの身体機能を制御するための大切なバランス神経。

 ・交感神経    =「動」の働き(興奮や緊張)

 ・副交感神経 =「静」の働き(落ち着き)

正常な状態だとこの2つがバランス良く働きます。(下のようなイメージ)

f:id:YOLO-co-bi:20180513074508j:image

 

これが、ストレスや気圧等の要因で自律神経のバランスが崩れると、

・興奮状態が止まらなくなったり(=交感神経が高い)

・やる気が出なかったり倦怠感が起きたり、(=副交感神経が高い)

その結果、血圧の乱れ、頭が重い(頭が重い)、めまい、動悸、不眠が起きるわけです。

自律神経の

(下が自律神経が乱れている状態のイメージ)

f:id:YOLO-co-bi:20180513074720j:image

 

【首回り・肩甲骨ストレッチが自律神経にいい訳】

首や肩甲骨周りには自律神経・血管がが密集している大切な箇所。

特に肩甲骨周りはオフィスでパソコンする人には

肩甲骨をなかなか使わないため、筋肉が収縮して凝り固まりがち。結果、自律神経が正常に機能しないことが多いわけです。

 

そんな、オフィス仕事が多いサラリーマンの乱れた自律神経を復活させるためには、

リラックスしながら首回り・肩甲骨ストレッチがすごく大切。ちょっとしたストレッチ運動にもなってセロトニンの生成や、自律神経のバランスを整える効果があります。

 

【首・肩甲骨ストレッチ実践編〜やってみよう〜】

《基本動作(姿勢)》

重要なポイントは以下の3つ。

必ず意識しながら実践してみて下さい。

 

1)姿勢よく、リラックスして椅子に座る

*椅子に持たれずに。背筋を意識して伸ばして、でもお腹は力を入れずにリラックスする。

両足はきちんと地面につけて(=グラウンディング)。*立ちながらでもOK  

 

2)心の中で8拍子でリズムをとりながら

*準備体操のように「いち、にっ、さん、しっ、ごー、ろく、しち、はち」と、

8拍子を心の中で刻みながらやる(リズムはセロトニン生成を促します)。

 

3)ゆっくりと呼吸、そして大きく息を吐く

鼻で息を吸いながら口で吐く。吐く息は吸う時よりも長めに。

ゆっくりと大きく息を吐くと、副交感神経の働きを活発にする効果があります。

 

《実践エクササイズ》

その1:「上を向いて」首を直角ストレッチ

f:id:YOLO-co-bi:20180515233615j:image

・真上を向いて、首を直角にするイメージで首の後ろに力を入れる。

しばらく伸びするような感じで首の後ろに力を入れ続けた状態を維持する。

 

その2 : 両手でのびーなストレッチ

f:id:YOLO-co-bi:20180515233626j:image

両手を合わせていわゆる伸びをする感じで。

余裕がある人は両手は交差すると肩甲骨にもいいです。

 

その3 : 肩甲骨を動かすW字ストレッチ

f:id:YOLO-co-bi:20180515233657j:image

1)両手を上に上げた状態から(手のひらは内側向き)

2)真横にゆっくりと肘下げて手のひらを外側に向けながら両手をW字に

3)胸を開いて肩甲骨は寄せる感じで肩甲骨を締める

 

その4:両手を真横に手のひら返しストレッチ

1.胸を張って、両手を真横に水平に上げる

この時、片方の手の平は上に、もう片方は下に向ける

2.手のひらを両方とも同時にゆっくりとひっくり返す

この時、ちゃん肩甲骨が動いていることを意識する

 

その5:両手を後ろにエビ反り肩甲骨ストレッチ

f:id:YOLO-co-bi:20180515233712j:image

最後に「ダラーンと」リラックスしながらエビ反りになって肩甲骨を寄せて。

(胸を張って伸びをするイメージで)

 

終わったら整理体操的に、リラックスしながら両肘を動かして肩甲骨を回し首もゆっくり回して完了。

 

それでもまだ物足りないときは、頭のツボ押し。

自律神経を喜ばせて、頭が軽くなる部位をご紹介。

(ここは多分無意識に押している箇所ですよね)

 

《頭のツボ押し》

f:id:YOLO-co-bi:20180515234542j:image

1)首の後ろ(天柱(てんちゅう)と風池(ふうち))

2)頭のてっぺん(百会(ひゃくえ))

3) 目の脇のこめかみ辺り(太陽(たいよう))

  *ここは頭を軽くする箇所です、頭が重い時には、ここをグリグリしたらスッキリ!

 

以上ですが、いかがですか?

あくまで自己流ですが、絵で自分なりのイメージを描いてみましたので、役に立ったらうれしいです。

 

自律神経を喜ばせて、朝からスッキリ!

満員電車でも楽しい気持ちで会社に行けるといいですね〜

 

You Only Live Once....

 

役に立った!面白かった!という方、

是非ポチッとお願いします〜^ ^