Hack Your Happiness(幸せハッカソン)〜一度きりの人生にヨロコビを〜

デザイン思考で「幸せ」をひたすら想像し妄想し創造するブログ

抗うつ剤とお酒と相性って、実際のところどんなの?

f:id:YOLO-co-bi:20180517002819j:plain

 

心の病になり抗不安薬抗うつ剤を服用していてほとんどの人が直面するだろう課題。

 

「服用中にお酒を飲んだりタバコを吸ってもいいの?」という悩み。通常の心療内科のサイトを見ても、「飲むのは控えた方がいい」と無難な回答が多く、実際のところどうなの?って患者の生の意見が知りたいと思う人が多いはずです。

一時的な薬の服用ならまだしも、長期的に抗うつ剤抗不安薬を服用していたら、「飲むな」「極力控えて下さい」と言われても難しいのが現実。仕事での接待とか、会社の同僚、友人との付き合いで飲み会は避けることは事実上無理があるし、ましてやお酒が好きな人がお酒を飲まないでいたら、周りにも気を使わせてしまうし、その方が精神的にきついはずです。

 

医師が公に実例やいい加減な見解を書くことはできませんが、正直どうなの?というのは知りたいところ。

そういう訳で、今回は私が実験台になったつもりで私の経験談、お酒と抗うつ剤の相性の真実を患者視点で本音ベースでお話しします。

 

*注意事項:これはあくまで個人の見解です。個人差がありますから、責任は保証しかねますのであらかじめご了承下さい。(あくまで参考程度に。あとは自己責任で)

 

 

《一般的な見解(ある心療内科のサイトより)》

以下は、とある心療内科のサイトから抜粋してみました。↓↓↓↓↓↓

抗うつ剤内服中に酒・アルコールは飲めるのか。・・どうしても飲みたいという方、接待や付き合いで立場上飲まざるを得ない方、様々な方がいると思います。しかし、 結論から言ってしまうと「抗うつ剤とアルコールは併用すべきでない」が答えになります。・・・アルコールは代謝酵素の活性を不安定にすることが知られています。すると抗うつ剤がうまく代謝できなくなり、血中濃度が不安定になります。お薬には、ちょうどよく効く血中濃度(=至適濃度)というものがあります。アルコールが入ると、抗うつ剤血中濃度が不安定になるため薬物の至適濃度を保てなくなる可能性が高くなります。その結果、抗うつ効果が弱まって経過を悪くしたり、反対に強まって興奮・不穏状態にしてしまったりします。これが病気の治療に悪影響を及ぼすのは明らかでしょう。 また、抗うつ剤代謝がうまくいかないと、それはアルコールの代謝にも影響しますから、お酒の血中濃度が高まって泥酔状態にしてしまったり、少しの飲酒量で二日酔いになったりもします。このような様々な弊害が出るのです。抗うつ剤とお酒を併用すると、互いの血中濃度を不安定にしてしまう。そのため、極力併用しない方が望ましいということです。

 

つまり、医師の見解は抗うつ剤とアルコールは今日併用すべきでない」ということです。医師はさすがに責任取れませんから当然こう書きますよね。。

 

《患者視点で書く本音〜お酒と抗うつ剤の相性》

 

f:id:YOLO-co-bi:20180518100920j:plain

続いて、私の患者視点での見解。

心療内科のサイトの見解は事実。たしかにアルコールの影響で薬の血中濃度が上がって不安定になってしまいますね。飲み過ぎた時とか、明らかにそう感じる時があります。

 

でもあくまで個人的見解ですが、

「体調状態が悪くなけば、飲み方を工夫したら飲めるんじゃないか」と思います。

 

ちなみに文章書いている私、昨日実はお酒飲みました。ビールジョッキ2杯とワイン2杯飲みました。

元々酒は強くないですが、これくらいは普段なら問題なくいけます。でもやはり薬の影響で夜中の寝つきは悪くなってしまい、今日、実は多少体調が優れず(震えと寝つきの悪さ)、結局諦めて午前中会社をサボってしまいました。

でも体調がよい時なら、うまくアルコール度数の低いビールを中心に、セーブしながら飲めば大丈夫。確かに酒の回りは早いですが、途中ウーロン茶や水を飲んでさりげなく調整、帰宅時も水を飲んでアルコールを薄める。そうすれば翌日も普通に起きれます。

あとはアルコールの分解や体調に個人差がありますから、自身の調子を見ながら、飲む量を調整していったらいいのでは?と思います。

(ちなみに、私の友人でお酒が強い人は気にせず普通に飲んでも大丈夫という人もいます)

 

ポイントは

◯あくまで、酒はいつもより控え目に飲む

◯体調次第で調整する、時には飲まない判断もする

例えば、

・アルコール度数の低い酒を飲む。

・ウーロン茶で逃げる

ノンアルコールビールででも飲むとか。

(ちなみに、炭酸系の飲み物も自律神経のバランスに影響するので要注意です)

◯必ず、水やお茶で薄める意識を持つこと

 

つまり「理性でコントロールして飲みましょう」、ということですね。

 

《注意!体調が悪い時(疾患症状が出ている時)》

 

体調が悪い時、特に疾患症状が出ている時に、飲酒をするのはやめるべきです。実際に私は自暴自棄に気にせず飲んだこともありましたが、翌日は全くダメで会社に行けないこともあり、結局、しばらく禁酒しました。

特に自分に合った抗うつ剤(副作用が少ない)が見つかって安定するまでは、最悪な状況になるので、禁酒してきちんと自分の身体と向き合いましょう。

 

今回はかなり核心を突くテーマを書きました。批判があるかもしれません。

でも「私が何故ここまで書くか?」

それは、患者目線で本当の意味で皆さんに心の病を克服してほしいからです。

同じ人間だからお酒だって飲みたいし、病人扱いされるのは辛いので、私の経験談を参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

一度きりの人生ですから、時にはお酒くらい飲みたくなりますからね。。。

f:id:YOLO-co-bi:20180518183610j:image

You Only Live Once...