Hack Your Happiness(幸せハック)〜一度きりの人生にヨロコビを(YOLO)〜

デザイン思考で「幸せ」をひたすら想像し妄想し創造するハッカソンなブログ

世界のシリコンバレーから学ぶ- YOLOな気持ち

f:id:YOLO-co-bi:20180531005127j:image

 

アップル社やグーグル社、数多くのベンチャー企業など世界最先端の企業が集まり、イノベーションを次々と生み出すアメリカ、サンフランシスコ近くにあるシリコンバレー。日本企業とは桁違いのスピード力で次々と新しいテクノロジーを駆使したイノベーションを生み出す、ご存知、世界一のビジネスセンターです。

 

ここで働く人たち、みな起業家精神に満ち溢れていて、ビジネスの判断も即決していくスピード感。1.5週間に10社が買収されたりするほど、凄い速さで進化しているそうです。

 

一方の日本企業はというと、スタートアップを志すベンチャー企業やカリスマ創業オーナー有名企業を除くと、多くの企業が決断力やスピード感の面で残念ながら太刀打ちできないのが現状。

日本企業のモノづくりの繊細さや創意工夫、品質や美へのこだわりなど、素晴らしい点を持っているのに、スピード感や決断力は劣って美味しいところを全部持っていかれているようで残念でなりません。では、一体どうしてシリコンバレーで働く人達と我々日本人は、決断力とスピードの差がこんなに生まれてくるのか?

 

〜”YOLO”なんですね、シリコンバレーも〜

f:id:YOLO-co-bi:20180604205649j:image

シリコンバレーの多くの社員は20代から30代の若者。あまたのベンチャー企業が、誰よりも早くブルーオーシャンを手に入れるべく、激しく競争を繰り広げる世界。ほんの少しの心の迷いで決断の遅れが命取りになるわけですから、迷う暇なく日々思い切って決断しながら経営の舵取りしています。

そしてミレニアム世代の若者が多いとあって、皆「YOLO」精神を持っています。

※You Only Live Onceの頭文字をとった若者の流行り言葉(=人生は一度きり)

 

シリコンバレーで起業を志す野心家たちは「どうせ一度きりの人生なんだから、怖がらずにガンガン挑戦しちゃおうぜ」てな感じで、まさにチャレンジ精神のかたまりなんでしょう。「やらずに失敗するくらいなら、やって失敗した方がマシ」というのが習慣になっているんですかね。

 

かたや、我々日本人のサラリーマン達は「出世争いがあるから失敗できないしなぁ」と決断する責任とリスクに躊躇してしまい、「じゃ合議制で決めましょう」とか、「課長→部長→役員」へ段階決済するとか、ゆっくりと長いプロセスを経て決めるため、物事がなかなか決まらないわけです。

特に難しいのが、日本の大企業は「1ホームラン、9三振」の人よりも「9ヒット、1三振」の方が出世しやすかったりするので、ある程度「攻めより守り」の方が社内で生き残るには得策だったりするわけです。

YOLO精神でチャレンジし続けるシリコンバレーと日本企業の大きな違いは、ここにあります。

 

〜失敗しても自分に挑戦する人生と平穏に暮らす人生、どっちが幸せか?〜

f:id:YOLO-co-bi:20180604205718j:image

 

一度、自分のこころに問いかけてみたいのですが、「幸せ」な「一度きりの人生」って本当は一体どちらが「幸せ」なのでしょうか?

「無難に安定して平穏に暮らしてゆくことが幸せなのか?」それとも「失敗しても成功信じてチャレンジする人生が成功なのか?」

 

 シリコンバレーは「成功=社会にインパクトを与えること」日本の大半のサラリーマンは「成功=出世競争に失敗なくうまく生き残ること」

価値観が違うから、どちらが一体幸せなのか?は人それぞれです。

 

ただ、シリコンバレーで働く人ほどにはいかないまでも、私達だって「YOLOな気持ち」だけは忘れずに、小さくてもいいから、自分自身に挑戦していく気持ちこそ、「幸せ」をつかめるきっかけになるのではないか?と思うのです。

普段日本だけにいて、平凡に暮らしていたらなかなかそういうことになかなか気付かないのですが、シリコンバレーや世界最先端のビジネス書を日々読んでいたりしていると、すごくそんな気持ちになる。

 

これはビジネスマンのみならず、主婦でもフリーターでも誰だって同じ。もし人生に閉塞感を感じて悩み苦しんでるのであれば、今の時代は一度きりの人生に賭けてみるチャンスだと思います。

幸い、今の時代は「想いとやる気」さえあれば、個人でSNSでもブログでも発信できるし、誠実で真摯な想いがあれば、たくさんの共感してくれる人たちと繋がることができる時代ですからね。。

 

「YOLO」という言葉は、欧米では若者たちの流行り言葉かもしれませんが、日本人流のYOLOな解釈で、みんなが自分にしかない「幸せ」を掴めたら、きっと自分の人生が豊かなものになり、日本の社会や経済はもっと良くなると信じています。

 

とりあえずはボランティア活動だって何でもいいから、そんな「YOLO」な生き方って、何だか楽しくありませんか?

 

今日は、シリコンバレーの働く人達の考え方から「どうしたら幸せな働き方ができるのか?」を書きましたが、皆さんのこころに、何か少しでも感じてもらえるヒントが見つかったら幸いです。

 

一度きりの人生を、まずは小さな一歩から。。

You Only Live Once....

f:id:YOLO-co-bi:20180604212749j:image