Hack Your Happiness(幸せハッカソン)〜一度きりの人生にヨロコビを〜

デザイン思考で「幸せ」をひたすら想像し妄想し創造するブログ

夢をみる日々

f:id:YOLO-co-bi:20190907105803j:image

 

夜、寝ている時に夢を見る毎日。

 

実はこんな生活をするのは何十年ぶりのことだろう。そんな毎日を最近送るようにし始めました。

意外に思われる方もいるかもしれませんが、睡眠時間が少ない、いわゆる「ショートスリーパー」は夢を見ることはほとんどありません。

 

実際、以前の私は、忙しいのを「美徳」としてしまっていて、平均5時間睡眠の毎日をずっと過ごしていました。

私のように、睡眠時間よりも「やること」が沢山あるのがいい、「充実している」と考えてしまう、そんなことを考えて生活する人は決して少なくないのではないか?

もちろん、生活リズム的に睡眠時間がどうしてもとれない、なんて方もいることでしょう。

私は5時間睡眠で長い間毎日を過ごしてきたわけですが、寝始めたらすぐに眠れる、その代わり、眠りが深くて、夢を見ることなく過ごしてきたわけです。

そして朝も、目は覚めるが、ズーンと頭が重いような朝を過ごしながら毎日仕事をしてきました。

きっと私の脳は「万年寝不足状態」だったんだろうなぁ、と。

 

夢を見ない生活。何も映像が浮かんでこないから、頭は「暗いまま寝て」、「暗いまま起きる」ような感じ。

それは毎日の頭のリセットがされていたのか?いないのか?、そんなギリギリの毎日。

頭の脳は、夢を見るくらいの余裕が欲しかったのかもしれないのに、それを酷使してしまって、心のバランスまで崩してしまったのかもしれません。

 

一般的に医師が推奨する睡眠時間は7.5時間位。しかも、平均睡眠時間5時間以下になると、うつ病などの精神疾患発症率が上がるそうです。

睡眠はカラダのリセット、休養には大切だとは思いますが、毎日の忙しい生活を過ごしていると、睡眠時間確保はなかなか疎かになりがち。

でも、睡眠を取らないと身体に変調が起きることは、実際そうなるまで気づかないのです。

そんな私の場合、心の病に「なるべくしてなってしまった」かも、と後悔することもあります。。

 

でもまぁ、もうなってしまったから仕方ない。そんなわけで、最近「よく寝る」習慣を始めました。これをやるには、単に睡眠時間を確保するだけじゃなくて、「やる事」自体を減らして、生活を「シンプルに」、とにかく忙しくならないように生活改善からすることも必要です。

特に気をつけているのはSNSスマホ、テレビ。仕事もそうでしょう。頭を休める大敵です。とにかく普段の生活から「やる事」を断捨離して、睡眠時間を作ることが必要かな、と思っています。

 

最近、「夢を見ること」は楽しみになってきました。「見た夢」の内容はあんまり覚えていないし、時々嫌な夢を見ることもあります。

でも、「夢を見る」くらい寝ているのは、贅沢なくらい睡眠をとっている証拠、心とカラダが十分に休まっているんだろうな、と体感できます。お金の贅沢はできなくても、睡眠の贅沢は誰しもができることです。

 

たまに、「こんなに寝なくてもいいのでは?」と思う時もありますが、私のように心のバランスを取る必要がある人は8時間くらいは寝て、十分に頭をスッキリさせる方がヤル気が出てくる。朝二度寝をしたり、布団に閉じこもりたくなくなって、活動したくなる。

やっぱり「夢を見る日々」は、自然にいいなぁと感じる毎日です。

 

今の私は、これを続けるために生活リズムややる事を制限したりする必要があるし、それさえできれば、普通に楽しい充実した毎日が過ごせるんじゃないか、と思います。。

 

今日は友人と松阪、伊勢にやってまいりました。週末の久しぶりのリフレッシュをしてきたいなと思います。

 

You Only Live Once....

f:id:YOLO-co-bi:20190907105955j:image