YOLOCOBIの幸せになるためのブログ (一度きりの人生にヨロコビを)

山あり谷ありの人生、でも人生は沢山「幸せ」があるものです

社会貢献

FACTFULLNESS ーインフォグラフィックで伝える障がい者福祉の現状

昨年は「FACTFULLNESS」の本がベストセラーになりました。 今は多くの情報であふれており、人々はそれらの情報から事実認識していきますが、 「FACTFULLNESS」の本を読んだ方は、「人々はいかに間違った認識しているか?」を感じたのではないでしょうか? 今…

【告知】9/15(土) イエローリボン フェス開催決定 @渋谷 〜みんな繋がる「幸せ」な未来創りを〜

障がいのある方もみんなが繋がる、明るい「幸せ」な未来を創りをしたい! 私の「YOLOCOBI」創り活動のひとつ、「イエローリボンフェス」の開催告知です。 ◇「イエローリボン」とは? 日本における「イエローリボン」とは、人々の意識を変え、まちを変え、障…

みんなが繋がる幸せな未来を創る 〜障がい者が一緒に働く「共同作業所」から幸せを〜

毎日の社会人生活で、何だか人生の踊り場に踏みとどまってしまっているな。。 最近、そんな「幸せ」を感じられない人によく出会います。私もそんなひとり。 そんな私が、自分を変えて「幸せ」を感じるために参加した、 NPO法人「2枚目の名刺」による、3ヶ…

人生のどん底から立ち直り「幸せ」を創る人になった人によるイベント

昨日、「幸せ」を考える上で最も歴史的なイベントが東京、渋谷にて開催されました。 日本でも徐々に有名になってきた、ポジティブ心理学の父、マーティン・セリグマン博士と、日本のウェルビーイング学(幸福学)の第一人者達が数多く集まっていることに感動…

健康と幸せを創る未来の世界観(YOLOCOBI的な未来の幸せとは?)

先日のブログ、「こころの働き方改革」について、 私が、何故こういうことを書いているのか?ちょっと疑問に思われた人がいるかもしれません。 私のブログでは頻繁にマインドフルネスとか、変なことを考えて書いていたり。この人、何故こんなブログをいつも…

西日本豪雨災害、みんなできることを。。

西日本豪雨災害の死者が200人を超えました。 苦しむ人々の気持ちを察して「自分に何かできるか?」 救助支援する人、募金する人、大変な人々の状況(現実)を伝えて支援を声かけする人、気持ちを察して祈る人、なんでもいいと思います。 せめて、同じ日本人…

いろんな個性を認めあう社会っていいな  〜今苦しんでいる人たちも社会の主役に変わる未来

「ソーシャル・インクルーシブな社会」について、本日もまた今私が考えることを、つれづれなるままに書きたいと思います。 改めて「ソーシャル・インクルーシブな社会」という言葉の意味について話すと、「社会的に何かしらのハンディキャップを抱えている人…

社会貢献という副業からの新しい「幸せ」を 〜「2枚目の名刺」の3ヶ月プロジェクト体験〜

・毎日やっている仕事に刺激が感じられない ・楽しいと思っていた仕事が人間関係や出世争いとかで嫌になってしまった ・自分が会社の歯車になっているようで、自分の存在価値を見出せない そんな仕事の人生で行き詰まって「幸せ」が感じられない人が多い時代…

新幹線殺傷事件から考える日本社会の大きな課題

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14843591/ 週末の新幹線殺傷事件のおぞましいニュース。 加害者は発達障害の若者で、事情聴取では「むしゃくしゃしてやった、誰でもよかった」とのことでした。 この犯行動機を聞いて、以前の秋葉原の大量殺傷…