毎日を幸せに変えるYOLOCOBIブログ

一度きりの人生(YOLO)、たとえつらい日々でも「幸せ」を感じて生きてこそ人生です

YOLOCOBI

店舗販促で動画POPを作って設置してみた 〜試してみてわかったいろいろなこと〜

f:id:YOLO-co-bi:20200115234557j:plain

 

最近、お店やタクシーなどで動画による販売促進(販促)が増えてきました。

 

電子POPがあると、

・売りたい商品を音と映像でお客様の注意を引きつけてくれる

・店員がいなくても接客の役割を果たしてくれる

・接客されるのを嫌がるお客様でも、電子POPは嫌がらなれない

 

とにかく大変便利なツールです。

 

 

今回、仕事で店舗販促用で動画POPを初めて作ってみたのですが、簡単だと思ったのに、実際一から調べて実際に設置までたどり着くまで、一苦労しました。

 

 せっかくなので、私が実際に試してみて色々わかったこと、安い電子POPの店や、電子POPの選び方から設定までやり方、気をつけることをまとめました。

是非ご参考ください。

 

電子POPについて

 

意外と知られていないのが、電子POPの呼び方。

全く知らない人は形状から「フォトフレーム」と読んだりしますが、フォトフレームは動画は流せませんし、音もしませんので注意してください。

一般的には「電子POP」、あるいは「デジタルサイネージ」と呼びます。「モニターPOP」と読んだりするところもあります。

 

電子POPの選び方 (プラスチックカバー製・紙カバー製)

 

1)プラスチックカバー製・・・フォトフレームと同じ形状で一般的なものです。主に置き用で使われることが多いです。(壁掛け、棚固定などする場合は、別途金属パーツが必要)

 

f:id:YOLO-co-bi:20200116220502j:plain

https://www.xn--pop-659er74x.com/product/gs-070x/ より


 

 

2)紙カバー製・・・上からオリジナルカバーをつけるのに最適。(安い)

紙カバー制覇、引っ掛け(標準)、埋め込み、置き用に対応できますが、埋め込みと置きの場合だと、自分でパーツを作らなければなりません。

 

f:id:YOLO-co-bi:20200116220209j:plain

https://www.xn--pop-659er74x.com/product/gs-070lite/ より

 

=>私はこだわらなかったので紙カバー製(黒い紙)にしました

 

電子POPの一番安い店見つけました!

「電子POP」で普通に探すと、7インチで安価な紙フレーム型の電子POPで8000円くらい、プラスチック製でも10,000円以上するのが多いですが、なんとか頑張って一番安い店を見つけました。5000〜6000円くらいで買えます。(2020年1月現在、下リンク) 

 

POPギャラリー

 https://www.popgallery.jp/shop/c/c3KPmonit_sg/

 

電子POPのサイズ・タイプ

 

最初は、電子POPのサイズ・タイプで悩むと思います。

お店の棚で普通に置けるものだと、大体4.3インチ、7インチ、10インチの3種類だと思います。

 

4.3インチ・・・小さなすき間スペース用。動画よりも音で注意を惹きつける用

 ・動画の見え方 ❌  すごく見づらい

 ・スペース   ⭕️  棚の間など、小さなすき間スペースに設置できる)

 

f:id:YOLO-co-bi:20200116215606j:plain

 

 

7インチ・・・・安いコストで、ちゃんと動画を見せたい人向き(コンパクト)

 ・動画の見え方 🔺  普通に動画は見れるが、少し小さい

 ・スペース   ⭕️  棚の間など、小さなすき間スペースに設置できる)

 

f:id:YOLO-co-bi:20200116215645j:plain

 

 

10インチ・・・一番ちょうどいいベストサイズ

 ・動画の見え方 ⭕️  普通に動画が見れる

 ・スペース   ⭕️  ちょうど良い(ただし、棚の高さが細いと入らないかも)

 

 

 

動画対応フォーマットが多いタイプを選ぶと良い

 

動画対応フォーマット、購入時に気にするといいと思います。

  MPEGMPEG-2・・・Windows

  MP4                    ・・・Mac

 

気をつけるべきは、持っている動画がMP4なのにMPEG−2しかない、みたいな場合。わざわざ変換しなければならなくなるので面倒です。

 

できれば、MPEG,MP4の両方とも対応だとベスト、最低でもMPEGMPEG-2対応がいいです。

 

ちなみに、「MPEG-2のみ対応」というタイプは要注意。無料変換サイトでは、MPEG-2だけ対応していないため、有料の変換ソフトを使用しなくてはならなくなります。

 (私はMP4→MPEG-2への変換で一苦労しました)

 

 

参考:動画ファイル変換の無料WEBサイト(ここが便利)

https://convertio.co/ja/mp4-mpeg2/

※ただMPEG-2は対応していそうに見えて、実際はMPEGに変換されてしまいます。。

 

 

動画ファイルサイズの上限に注意

 

読み込みできる動画ファイルが2Gまで、とかファイルサイズ制限があります。

ファイルサイズに気をつけてください。 (2.56Gだと動画は2Gまでです)

 

※私の場合、最初3分間動画で3G位ファイルを作ったのですが、ファイルに収まらず。わざわざ動画ソフトを使って0.8Gの解像度に調整して対応すること。。。

 

 

USBメモリ読み込み型、SDカード読み込み型

 

これはどちらでもいいと思いますが、SDカード型だと楽です。ちなみに1つの動画しか入れられません。

 

USBメモリ差し込み型・・・USBメモリを刺すと自動的に動画ファイルが読み込まれます(差し替えです)

 

・SDカード差し込み型・・・同様ですが差しっぱなしになります

 

ちなみに、某S社のUSBメモリーが不良品だったらしく、自動読み込みしてくれなくて一苦労。最初、電子POPが不良品かと思い、商品交換してもらったりして疲れました。

(運が悪いとこんなこともあります) 

 

 

動画制作について

 私は、すでに持っている動画を利用して、Adobe Premiere Proで自作しました。

 

巷で動画制作をしてくれる会社がたくさんありますが、普通の動画制作を外注に出したら、おそらく50万〜100万とか、とんでもない金額がかかってしまいます。

 

でもご安心を。

素人でも自分で比較的簡単でそれなりのクオリティの動画は作れます。

フォトフレームのように写真スライドにして、字幕と音楽を加えたらいいんです。

(結婚式の時に流したりする、動画制作のイメージです)

 

企業のような高いクオリティレベルを求めないのであれば、自作をオススメします。

時間があるときにぜひ自作で作ってみたらいかがでしょうか?

 

私のオススメソフトは、iMovie(Mac)です。結構使いやすくて簡単に作れます。

   https://www.apple.com/jp/imovie/  

 

もし外注で高いクオリティの物を作りたい、でも安く作りたい、みたいな場合だと

こんな会社もあるようですので、ご参考まで。

http://dpop.jp/

 

読んで参考になった!という方がいたら嬉しいです。 

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト